ダイ=ブツカ・レタ

ダイ=ブツカ・レタ(英:Die=Butsuca・lette、サンスクリット語:द्वा बटुक लेख、B.C.4世紀 - 2015年9月)は、紀元前4世紀ごろの北インド人、男。地球上ではじめて過労[閲覧規制]をした。
好きな香辛料はガラムマサラ。

「大仏枯れた。」
 ~ダイ=ブツカ・レタについて、梅干

目次

概要

レタの出生は未だ多くの謎に包まれている。レタに関する文献はいくつか存在するが、レタの存在を裏付けるような記録や遺物は発見されておらず、レタは存在しなかったのではないかとする説もある。

文献によると、レタは幼少期の頃からとても無気力であり、3歩歩けばだいぶ疲れていたらしい。
その無気力さから、トイレに行くことも躊躇い、挙句の果てには自分の代わりにレタの妹であるカナ=リツカ・レタをトイレに行かせたという。
もちろん、レタの膀胱は妹の膀胱と共有している訳ではないのでレタは大分漏らした。

「モォ~。オニイチャン、シッカリシテヨネー。」
 ~レタのはち切れた膀胱について、カナ=リツカ・レタ

少年時代はガウタマ・シッダールタの思想に傾倒していたこともあり、レタの古くからの友人でありライバルでもあるマダ・イケルと共に仏教について学んだ。
しかし、レタは勉強があまり得意ではなく、レタ自身がバラモン教徒だったこともあり、仏教に関する理解が大して深まらなかった。やったことと言えば精々枯れた大仏にお水をやるくらいであり、レタは非常に暗い少年時代を過ごした。

レタに関する記述は少年時代のものまでしか残っておらず、レタのその後は闇に包まれているが、2015年09月、レタは過労によるストレスで鬱病を患い[閲覧規制]したとされている。

らくえんへの影響

レタの死後、梅干が「大仏枯れた。」という発言をしたことがきっかけでらくえん内でたま~に見かけるようになり、
2015年には2015年らくえんで流行らせたかった語流行語大賞にノミネートされた。

ちなみに「大仏枯れた」はダイ=ブツカ・レタの当て字であるが、らくえん内においては「大分疲れた」の誤変換であると認識されている。


ここまで書くの大仏枯れた

関連リンク

      • 大仏枯れたので省略



※本稿は誰でも自由に編集することができます。

  • 最終更新:2016-01-11 23:52:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード